宿泊日

から
まで

ご宿泊人数 /室   部屋数

プラン属性

検索方法

宿泊プラン別
部屋タイプ別
価格順に検索

宿泊予約直通

新規会員登録 予約確認・変更・キャンセル

空室検索・宿泊予約

お知らせ

2017.02.06

ホテル ロビーでひな人形がお出迎え

ロビーでひな人形がお出迎え

 

京都 島津様のひな人形をロビーにお飾りしました。ひな祭りにむけて飾られるひな人形は、
お子さまの成長を見守り、厄を祓ってくれるといわれています。
ホテルへお越し頂きました際は是非ご覧ください。

 

hinaningo

 

 

ひな祭り 桃の節句

宮廷貴族の「ひいなあそび」とけがれを祓う「上巳(じょうし)の節句」がいつしかひとつになり、三月の節句の祓に「ひな祭り」を行うようになりました。また、ひな祭りが「桃の節句」と称されるのは、旧暦の三月が桃の花の咲く季節であり、古来、桃には邪気を祓う力があるとされていたことにちなんでいます。京都でも旧家などでは旧暦にて行われています。

宮廷文化を継承するひな人形は「有職雛(ゆうそくびな)」と称され、有職故実に基づき、お顔から衣装まで有職に即した姿となっています。尚、有職ひな人形は、古来の序列に則って、「殿」が左(向かって右)に飾られています。最上段に「親王」、二段目に「三人官女」が並び、向かって右から長柄の銚子(ながえのちょうし)、嶋台(しまだい)、堤子(ひさげ)を手にした女官を飾ります。「五人囃子」は右から扇を持つ謡い手(うたいて)、笛、小鼓(こつづみ)、大皮鼓(おおかわつづみ)、太鼓の順です。四段目の左右に左大臣と右大臣の「随臣(ずいしん)」、五段目に「仕丁(じちょう)」を飾ります。「紫宸殿(ししんでん)両華」は紫宸殿の「左近の桜」「右近の橘」を模したものです。